在留資格証明書

14988605_M

 

在留資格証明書

在留資格証明書とは、日本に入国を希望する外国人が日本国内で行おうとする活動について虚偽がなく、かつ入国管理法で定められた在留資格のいずれかに該当する活動であるということを、法務大臣があらかじめ証明した文書のことです。

長期間日本に滞在する予定の外国人は、在留資格認定証明書交付申請手続きを行い、証明書を取得した後に本人がいる国(または指定)の日本大使館・領事館等で査証申請を行います。日本に入国を希望する外国人が査証申請の際にこの証明書を提示することで、法務大臣によってあらかじめ適合性が認められた人材であるということが明らかになり、査証の発給までにかかる時間が短くなります。

 

手続名 在留資格認定証明書交付申請
手続対象者 我が国に入国を希望する外国人(短期滞在目的を除く)
提出方法 申請に必要な書類に必要事項を記入し、添付書類を用意して、地方入国管理官署の窓口に提出
提出者 1申請者本人(入国を希望する外国人本人)

2当該外国人を受け入れようとする機関の職員

3法務省令で定められている代理人

4地方入国管理局長が適当と認めた公益法人の職員、弁護士または行政書士、また、申請人本人の法定代理人

手数料 手数料はかかりません
必要書類 日本での活動に応じた資料 (技術・人文知識・国際業務の場合)
提出先 居住予定地,受入れ機関の所在地を管轄する地方入国管理官署
標準処理期間 1ヶ月〜3ヶ月