ハローワーク Tag

  平成19年10月1日から、すべての事業主に、特別永住者及び在留資格「外交」・「公用」以外の外国人労働者を雇用する際、もしくは離職する際に、当該外国人労働者の氏名、在留資格、在留期間等について確認し、厚生労働大臣(ハローワーク)へ届け出ることが義務付けられました。なお、届出を怠った、もしくは虚偽の届出を行った場合には、30万円以下の罰金の対象となります。   雇用保険被保険者資格取得届 雇用を行った際に提出する書類で、翌月10日が届け出の期限となります。それまでに雇用保険の適応を受けている事業所を管轄するハローワークに届け出ます。   雇用保険被保険者資格喪失届 離職を行った際に提出する書類で、翌日から換算して10日以内が届け出の期限となります。それまでに雇用保険の適応を受けている事業所を管轄するハローワークに届け出ます。   雇用保険の被験者でない外国人について 雇用保険の被験者でない外国人を雇用、離職する場合は、「外国人雇用条件届出書<様式第3号>」に必要事項を記入し、当該外国人が勤務する事業所施設(店舗、工場など)の住所を管轄するハローワークに届け出ます。 雇用、離職共に翌月の月末が提出期限です。    ...

Read More